レーザートーニングでニキビ跡がキレイになくなりました

レーザートーニングで悩みのニキビを除去

レーザートーニングで悩みのニキビを除去 | 施術もすぐで刺激も弱い | 3回目の施術から効果を実感できるように

10代の頃に沢山ニキビができていた私は、大人になってからその跡に悩まされるようになりました。
黒ずんだ跡が顔の色々なところに存在していたので、他人と会うときも憂鬱だったのです。
私は男性ですからファンデーションをするのにも抵抗があり、何とかこの跡を消したり隠したりできないものかと方法を探していました。
そのようなときに発見したのが、レーザートーニングというものでした。
もともと別の症状で皮膚科に通っていたのですが、そのときに先生が教えてくれたのです。
内容がレーザー治療と聞いて少し怖さもあったのですが、すぐに私の心は決まりました。
それから3週間ほど経ち、皮膚科に紹介してもらった美容クリニックで施術が始まりました。
最初に簡単なカウンセリングとレーザートーニングについての説明を受けましたが、緊張であまりよく解りませんでした。
とりあえず時間を掛けて行うものだと聞いていたので費用の面で心配はありました。
とはいえ実際に受けた人のビフォーアフター写真を見てその効果の大きさには感動していたので、期待で胸がいっぱいだったのを今でも覚えています。
目を守るゴーグルを着けて仰向けになってからは、ひたすら頬に微量の痛みを感じるだけの時間でした。
麻酔を使わないと知ってから初めてレーザーが照射されるまでの怖さは凄かったのですが、いざ施術が始まると痛みは僅かしか感じず徐々に落ち着きを取り戻せました。
そして散々悩まされてきたニキビ跡にレーザーが当たっているのかと思うと、不思議と気分が高揚もしてきました。
もともと臆病で痛みに弱い私でもこれだけの余裕がありましたから、きっと人によっては全く痛みを感じない人もいるのではないでしょうか。

レーザートーニングでニキビ跡がかなり目立たなくなりました

私は、昔は非常にきれいな肌をしていました。
多くの友人が高校生くらいから、ニキビに悩まされていましたが、私は全くニキビができず、みんなからうらやましがられていました。
高校生のころは、チョコレートが大好物で、1日に何個も食べていました。
それでもニキビができることはなく、みんなに不思議がられていました。それは大学生になってからも続き、本当にニキビに悩まされることはありませんでした。
しかし私は、社会人になってから急にニキビに悩まされるようになりました。
もしかしたら社会人になって会社勤めによるストレスもあったのかもしれません。
初めてニキビができ、どのように対処すればよいかもわからず、途方に暮れていました。
洗顔をよくした方がいいのだろうと思い、外出先から帰ってきた時や入浴の時、寝る前など 1日に何回も洗っていて、今ではそれが間違っていたとも感じます。
皮膚科に通い、洗顔は1日2回でよいことや、ニキビに使用する薬などももらいましたが、完治することはありませんでした。
20代のまだ若いころは、たとえニキビを潰してしまったとしても、それほど跡に残ることもありませんでした。
しかしだんだんと治りも悪くなり、25歳を超えると、ニキビ跡が茶色く残るようにもなりました。
そんな私は28歳の時に出産をしました。
出産によって体質が変わったのか、頬の周りにそばかすのようなものがたくさんあらわれるようになりました。
あまりにも量が増えたので病院に行ってみると肝斑と診断されました。
出産もしたし、年齢も上がってきているのでしょうがないとは思いつつも、あまりにも症状がひどいので、悲しくなってきました。
どうにか肝斑の症状を抑えることはできないかと、インターネットでいろいろ調べている時に、レーザートーニングというものがあることを知りました。
トーニングとは、皮膚のトーンつまり色調を整えるという意味で、レーザーマシンを使って行うレーザー治療であることを知りました。これまでのレーザー治療では肝斑に有効なレーザーはなかったけれども、最新式の機器で、肝斑のレーザー治療が初めて可能になったということでした。
もちろん肝斑だけでなく、シミやくすみ、ニキビ跡などにも使用できるということでした。
私はこれを見て、ぜひこのレーザートーニングの施術を受けたいと思いました。私は肝斑のほかにも、ニキビをつぶしてしまった跡がとても気になっていて、この機器を使えば、ニキビ跡にも効果があるということで、一石二鳥だと感じました。
私はこの施術を行っているクリニックを探し、話を聞いてみることにしました。
クリニックの先生は、親身になって私の話を聞いてくれて、私の肝斑やニキビ跡にもレーザートーニングは有効だと教えてくれました。
私は昔、ニキビ跡を治療するためにレーザー治療を検討したことがあるのですが、シミ取りのレーザーは、照射部位が黒いかさぶたになるということで、あきらめてしまいました。
しかし今回のレーザートーニングは、かさぶたができないというメリットもありました。
施術を受けてからは、直後に赤くなるくらいで、30分から1時間ほどで赤みは消え、帰る時にメイクもできるということで、期待がもてました。
帰って主人に相談し、私はレーザートーニングの施術を受けることを決めました。
レーザーを受ける前に、私は肝斑の症状が強かったので、先に肝斑の治療を行って、濃く残っている部分に対してレーザートーニングを受けることになりました。結局3カ月かけて10回ほど照射し全部で17万円ほどかかりました。
しかし悩んでいた肝斑やニキビ跡がとても目立たなくなったので、施術を受けて本当に良かったです。

美容外科 品川 | レーザートーニング全顔が初回5800円